あらかじめ比較しておく|ホイールは素材によって特徴が異なる|デザイン以外にも注目しよう

ホイールは素材によって特徴が異なる|デザイン以外にも注目しよう

あらかじめ比較しておく

カー

基本的に、ゴム製品は時間とともに劣化することがほとんどです。これはタイヤも例外ではなく、ある程度の期間が経過したらタイヤ交換をする必要があります。だいたい3年が経過すると交換する時期だと言われていますが、3年が経過していなくても、状態によっては交換が必要でしょう。確認するポイントはいくつかありますが、わかりやすいのは溝の状態とひび割れです。タイヤの溝は滑り止めの役割を果たしており、ブレーキを確実に効かせるためには欠かせないものです。しかし、走行しているうちに摩擦を受けて、だんだんとすり減っていってしまいます。溝が浅くなるとブレーキの効きが悪くなるだけでなく、雨天時にスリップしやすくなるなど危険な状態となるのです。そのため、前回の交換から3年が経過していなくても、溝が浅くなっていると感じたら交換した方がよいでしょう。また、ひび割れが発生していると、ゴムが劣化して硬くなっているということになります。この状態になっている場合にも、早めに交換した方がよいと言えるのです。タイヤ交換の値段は店舗によって異なるものですので、いくつかの店舗を比較しておくのがおすすめです。タイヤ交換はガソリンスタンドやディーラー、カーショップなどで行なうことができます。それぞれでどれくらいの値段が掛かるのか調べておき、一番納得のいく値段であったところを選ぶようにするとよいでしょう。インターネット上では、タイヤ交換の値段を比較して紹介しているようなサイトもありますので、そのようなサイトを参考にするのもひとつの手です。